タイミング

お墓を買うタイミング

お墓というのは日常生活を送る上で特に必要性はありませんが、家族が亡くなった場合はそうも言っていられません。
お墓を買うタイミングは人により違いますが、必要に迫られて買う事もあれば、生前に購入しておく事も可能です。

今すぐ必要ではないという場合は、お墓を買おうと思う人は少ないでしょう。
最近は生前に自分の希望や予算に合わせて買おうと考える人も増えていますが、安い買い物ではないため十分な検討が必要です。
今すぐ必要ではないとしても、いずれ必要になるなら、家族や親戚が集まるお盆やお正月に話だけでもしておこうとなります。

基本的にお墓を買うタイミングは特に決まりはないので、買おうと思った時がベストタイミングと考えていいでしょう。
ただし場所はどこでもいいというわけではありませんし、希望するところに必ず建てられるとも限りません。

家族や親族はお墓参りをしますので、お墓までの交通アクセスや距離も考えておかなければいけません。
霊園やお寺など場所により規則などもありますし、手続きや金額も異なります。

お墓に対する考え方は人により異なりますが、例えば自分が死んだらこういうお墓に入りたいというような明確なビジョンや希望がある場合は、生前に購入する事ができます。
今は墓石の素材や形も選択肢は増えていますし、趣味や好きな物のモチーフや刻印を入れる事も可能になっています。
お墓の形も自由に決められるようになっていますが、対応できる範囲は業者による違いもあります。
こうしたいと強希望がある場合は、生前に購入するのが良いようです。

今まで必要性を考えていなかった人も、必要に迫られてから慌ててお墓を買おうと決める事があります。
こういうケースも少なくありませんが、四十九日を迎えた頃に、ゆっくり購入を考えても遅い事はありません。
なかなか決断できず、1周忌や3回忌を迎えてからお墓を建てる人もいますので、自分にとって良い時期がベストタイミングです。